穴吹医療大学校

次回のオープンキャンパス

本校について

建学の精神

理事長 穴吹カレッジグループは、
地域の学生を地域で育て高い専門性と
豊かな人間性を育み、
地域社会から信頼され、
貢献できる人材を育成します。

教育理念

職業教育を通して、地域社会に貢献する人材を養成する

教育目的

校長 中四国の地域健康福祉を支える高い志をもち、医療従事者としての確かな実践力と誠実に人と向き合う人間力を有する人材を養成する。

教育体制の構築

看護学科
アドミッションポリシー( AP )
「入学者の受け入れ方針」
  1. 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って多様な人間と協働し、
    学び続ける意欲がある人
  2. ものごとを論理的に思考する力を高められる人
  3. 自分と他者を大切にし、自分の考えを伝えるための表現力・コミュニケーション力を高める努力ができる人
  4. 人々の健康と生活に関心と学習意欲を持ち、看護専門職として多職種と協働し続ける意欲のある人
カリキュラムポリシー( CP )
「教育課程編成・実施の方針」
  1. 国家資格に必要な専門的知識を1年次から段階的・主体的に学べるカリキュラムを構築している
  2. 健康の危機的状況を判断し、科学的根拠をもとに基本的な看護援助が実践できる能力を獲得できる
  3. 少子・超高齢化ならびに多様な社会において人々が自分の健康に関心を持ち、生活ができるよう、医療・福祉施設、地域社会の協力・連携のもとで保健指導力を育成する
  4. 講義・演習において各教科の達成目標・到達点を明確にし、学生の成長を客観的に評価するとともに学生自身が自己成長につなげている
  5. 学年の枠を超えて学び合う教育環境により、学生が成長を実感しながら学べるプログラムを構築している
ディプロマポリシー( DP )
「目指す人物像」
  1. 看護の知識・技能の習得により、看護師として地域社会・国際社会に貢献できる
  2. 対象の生命を護るために必要な観察力・判断力を身につけている
  3. 科学的根拠に基づいた看護技術力を身につけている
  4. 4年間教育の中で自己の将来像をみつめ、職業観と社会人としての倫理観を醸成し他者に対応できる力を鍛える
歯科衛生学科
アドミッションポリシー( AP )
「入学者の受け入れ方針」
  1. 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って多様な人間と協働し、
    学び続ける意欲がある人
  2. 歯科衛生士に必要な知識や技術を修得するうえで、高等学校の教育内容を学修している人
  3. 人に関心を持ち、自らが気づく感性を磨き、支援や問題解決に向けて誠実に対象者と向き合う対応力や人間性を有するための努力ができる人
  4. 歯科衛生士として歯科疾患の予防と口腔衛生の向上を図ることを目的に、医療・福祉・地域の場で幅広く社会に貢献しようとする意欲のある人
カリキュラムポリシー( CP )
「教育課程編成・実施の方針」
  1. 生命科学について理解し、人と心理および情報処理について深く学ぶことにより、人間理解を育成し対人コミュニケーション力を高めるような実践的授業を実施する
  2. 臨床歯科医学の知識を体系的に学び、予防に関わる社会の仕組みや福祉についても幅広く統合しながら授業を実施する
  3. 歯科予防処置技術の基礎から応用を、技術力の高い教員の指導のもと、学内演習と相互実習で段階的に習得し、より実践的な実習を実施する
  4. 人々の歯と口腔の健康を守り支援するために、問題発見と問題解決ができる総合的な力を身につけられる医療・福祉・地域の臨地実習を実施する
ディプロマポリシー( DP )
「目指す人物像」
  1. 命の大切さとホスピタリティーの心を持ち豊かな感性と人間性で人と関わることができる
  2. 歯科衛生士に必要な知識と高い歯科予防処置技術を習得し、口腔衛生管理の担い手として地域社会と国際社会に貢献できる
  3. 歯科衛生士として根拠に基づく専門的歯科衛生知識を統合し、わかりやすく伝え多職種と協働するための協調性を身につけている
  4. 口腔だけでなく全身や対象者の心理、ライフステージや背景など広い視野で捉え考えながら柔軟に対応できる力を身につけている
医療事務・ドクター秘書学科
アドミッションポリシー( AP )
「入学者の受け入れ方針」
  1. 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って多様な人間と協働し、
    学び続ける意欲がある人
  2. 保険請求事務知識を習得するために、高等学校の教育内容を幅広く学修している人
  3. 患者に誠実に向き合う人間力、接遇を真剣に獲得しようとする人
  4. 地域医療のために役割を果たす医療人へと成長していこうとする意欲をもった人
カリキュラムポリシー( CP )
「教育課程編成・実施の方針」
  1. 「医科」「歯科」「調剤」「介護」「ドクター秘書」の診療報酬請求事務知識と保険知識ならびに関連法規を体系的に学び、検定試験に合格できる授業構成とする
  2. 病院の顔となる医療事務員やドクター秘書として対応できる接遇、事務員としてはパソコン操作スキルや文書作成等を演習を中心として授業を実施する
  3. 社会人として即戦力となるべきコミュニケーション力を高め、チーム医療の一員として活躍できる他職種連携を意識した主体的・対話的な授業を実施する
  4. 医療現場と連携をとりながら、法改正等社会に変化に対応した内容の授業を実施する
ディプロマポリシー( DP )
「目指す人物像」
  1. 医療と福祉のすべての施設で働けるように「医科」「歯科」「調剤」「介護」「ドクター秘書」の5つの分野の知識を習得し、地域社会・国際社会に貢献できる
  2. 日本の保険制度の全体像と各種保険制度の知識から診療報酬請求事務知識とパソコン技能などの現場対応力を身につけている対象の生命を護るために必要な観察力・判断力を身につけている
  3. 他職種と連携を取りながらメディカルスタッフの一員として常に患者とその家族に安心感を与えられる接遇を身につけている
  4. 入職後も校訓「日々是前進」の精神で変化し続ける社会や法改正に対応できるよう自ら学び続ける力を身につけている
診療情報管理士専攻学科
アドミッションポリシー( AP )
「入学者の受け入れ方針」
  1. 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って多様な人間と協働し、
    学び続ける意欲がある人
  2. 医学知識と診療情報管理知識を習得するために、本校医療事務・ドクター秘書学科を修了している人
  3. 医療人として求められる幅広い知識や情報活用に興味をもち、診療情報管理士として将来活躍したい人
  4. 将来病院の事務部門で幅広く活躍し、地域医療のために役割を果たす医療人へと成長していこうとする意欲をもった人
カリキュラムポリシー( CP )
「教育課程編成・実施の方針」
  1. 医学知識と診療情報管理に関する知識を体系的に学び、診療情報管理士認定試験に合格できる授業構成とする
  2. 学内演習や学外実習で医療人としてのマナーや社会人としての実践力を身につける授業を実施する
  3. 社会人として即戦力となるべきコミュニケーション力を高め、チーム医療の一員として活躍できる他職種連携を意識した主体的・対話的な授業を実施する
  4. 情報管理・分析・利活用ができるパソコン操作スキルを身につけられる授業を実施する
ディプロマポリシー( DP )
「目指す人物像」
  1. 医学知識と診療情報管理に関する知識を習得し、診療情報管理士として地域社会・国際社会に貢献できる
  2. 人体構造・機能や疾病の知識をもとに疾病分類ができる
  3. 情報管理・分析・利活用に関する知識を学ぶと同時に、病院事務員としてパソコン操作スキルを身につけている
  4. 常に変化し続ける社会に対応できる向上心や他職種連携を意識したコミュニケーション力を身につけている
ページTOPへ