入学資格

准看護師の資格を取得されてから、准看護師として7年以上働いた経験(就業経験)のあることが条件です。

但し、

在籍見込みも可

2018年3月31日までに上記の事が満たされていれば結構です。
出願時に現在の職場の就業証明書に「在籍見込み」と記載してもらい、入学後に2018年3月までの就業証明書を改めて提出していただきます。

非常勤も可

業務経験における常勤・非常勤(パート・アルバイト)の別は問いません。

就業証明書

出願の際には「就業証明書」が必要となります。お渡しする所定の用紙を使って、現在または過去の勤務先にて勤務期間の証明をもらって下さい。

勤務先が複数に渡る場合は就業証明書をコピーして使用し、通算して10年以上になるように準備して下さい。

勤務年数計算の具体例

3月31日から4月1日のように、実質2日間の勤務でも「3月と4月に勤務した」とし、2ヶ月と計算します。つまり、月のみを計算対象とし、日は除外して考えて下さい。

同様に考え、3月1日から3月31日の勤務は1ヶ月間と計算します。

ある施設を退職し、同じ月内に別の施設に転職した場合は加算できません。

【例1】A施設での勤務が平成5年4月1日~平成10年3月1日まで
ちょうど5年(60ヶ月)です。3月31日まで働いたとしても60ヶ月です。
【例2】A施設での勤務が平成5年4月1日~平成10年4月1日まで
5年1ヶ月(61ヶ月)となります。
【例3】3月1日にA施設を退職し、3月2日にB施設に転職した
3月に2施設で勤務していますが、就業歴としてカウントできるのは1ヶ月のみです。願書や就業証明書の書き方はありのままで構いません。

ページTOPへ