穴吹医療大学校

次回のオープンキャンパス

看護学科:平成30年度看護学科宣誓式

2018.05.22

穴吹医療大学校看護学科では5月12日(土)ナイチンゲール生誕の日に合わせ、5月11日(金)に平成30年度看護学科宣誓式を執り行いました。



「宣誓式」は、本格的な臨地実習を前に、看護学科2年生一人ひとりが「看護の心」を改めて意識し、学びの目標をより明確にするための、大切な儀式です。

【戴帽】

歴史的にみると戴帽は、尼僧が神に仕えるという召命(使命感)を受けたことを表す儀式として被り物をしたことに由来しています。

【燭火】

燭火(キャンドルサービス)は、F.ナイチンゲールがクリミヤ戦争(1853〜1856年)の最前線に赴いたおり、灯りを掲げて傷病者を見回り<クリミヤの天使>として尊敬されたことに由来しています。

【宣誓】







学生一人ひとりが「自分が目指す看護師」を宣誓します。
「患者さんの声に耳を傾けられる看護師になります!」
「患者さんの気持ちを尊重し、笑顔にできる看護師になります!」
「患者さんに信頼される看護師になります!」
「笑顔を絶やさない、患者さんに寄り添える看護師になります!」







校長先生、ご来賓の方々からありがたいお言葉を頂戴し、
4年生の先輩から経験談や励ましの言葉を頂きました。


これから始まる本格的な実習を前に気持ちを新たに決意の言葉を述べました。






自分が目指す看護師に向かって頑張れ!
頑張るみんなを応援しています!

ページTOPへ