穴吹医療大学校

次回のオープンキャンパス

学び方を学び、生涯成長できる

高度医療に応える看護師を養成するために、4年制の看護師教育を採用。くり返し、じっくり、丁寧に学ぶことで、看護実践力を身につけます。


学びのポイント


  • 採血演習
    人の皮膚や血管の感触に近い「採血シミュレーター」を使用して、血管の走行や弾力に留意し、くり返し練習します。

  • 母性看護学実習
    新生児モデルで、沐浴や衣類の交換など、新生児のケア技術の習得と合わせて、母親のケア技術も学びます。

  • 救急蘇生法
    緊急時には正確で迅速な対応ができるように、「救急蘇生モデル」を使用して「心肺蘇生法」「AEDの使用方法」の技術を身につけます。

めざす資格・めざす未来

めざす資格
  • 看護師国家試験受験資格
  • 高度専門士(医療専門課程)
  • 大学院入学資格
  • 一次救命措置(BLS)
  • 手話 他
めざす未来
  • 病院等医療機関
  • 訪問看護ステーション
  • 介護老人保健施設/福祉施設
  • 助産師・保健師課程進学
  • 大学院進学 など

カリキュラム

1年次科目
  • 教育心理学
  • 教育原理
  • 教育方法論
  • 情報科学概論
  • 倫理学
  • コミュニケーショントレーニングT
  • 手話講座
  • 家族社会学
  • 論理的思考の基礎
  • 法学概論
  • 人体の構造学T・U
  • 人体の機能学T・U
  • 臨床生化学
  • 健康科学概論
  • 病理学
  • 感染防御学
  • 疫病治療学T
  • 基礎看護学概論T・U
  • 基礎看護技術論T・U
  • 基礎看護方法論T・U・V
  • 臨床援助技術論T・V
  • 小児看護学概論
  • 基礎看護学T実習
  • 成人看護学概論
  • 老年看護学概論
  • 看護技術演習T
  • 倫理学
  • コミュニケーショントレーニングT
  • 手話講座
  • 情報科学概論
2年次科目
  • コンピュータ情報処理演習
  • 看護物理学
  • コミュニケーショントレーニングU
  • 人体の構造学V(演習)
  • 疾病治療学U・V・W・X
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉・社会保障論
  • 臨床栄養学
  • リハビリテーション論
  • 臨床援助技術論U・W
  • 基礎看護学U実習
  • 成人看護方法論T・U・V
  • リフレクションT
  • 老年看護方法論T・U
  • 小児看護方法論T・U
  • 母性看護学概論
  • 母性看護方法論T
  • 精神看護学概論
  • 成人看護学T実習
  • 在宅看護論概説
  • 在宅看護方法論T
  • 救急蘇生法T
  • 看護技術演習U
  • コミュニケーショントレーニングU
  • 人体の構造V
  • 疫病治療学U ・V
  • 疫病治療学W ・X
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉・社会保障論
3年次科目
  • 人間理解の基礎
  • 臨床薬理学
  • 保健指導論
  • 看護疫学・保健統計
  • 看護と法律
  • 老年看護方法論V
  • 小児看護方法論V
  • 母性看護方法論U
  • 成人看護方法論W
  • 成人看護学U実習
  • 成人看護学V実習
  • 老年看護学U実習
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • リフレクションU・V
  • 在宅看護方法論V
  • 看護研究T
  • 救急蘇生法U
  • 看護技術演習V
  • 地域看護学
  • 地域看護学実習
  • 精神看護方法論T
4年次科目
  • コミュニケーショントレーニングV
  • 医療社会経済学
  • 英語コミュニケーション
  • 老年看護学T実習
  • 精神看護学実習
  • リフレクションW
  • 看護管理論
  • 看護研究U
  • 在宅看護方法論U
  • 救急蘇生法V
  • リフレクションX
  • 看護の展望
  • 統合看護セミナーT・U
  • 災害看護論
  • 看護技術演習W
  • 在宅看護論実習
  • 看護の統合と実践実習
  • 国際看護論
  • 精神看護方法論U・V

卒業生からのメッセージ


高松赤十字病院
看護師 松浦 百世さん

「困った人を助けたい。」
そしてこれからも学ぶ姿勢を忘れず、成長し続けたい。

黒柳徹子さん著書の、「トットちゃんとトットちゃんたち」を読み、世界には貧しく、いろんな病気を持って生きる子どもたちがいることに衝撃を受け、このような人たちのために役に立つ仕事に就きたいと思うようになりました。また、妹が穴吹リハビリテーションカレッジに通っていたので同じ穴吹カレッジである穴吹医療大学校で学ぶことを決めました。
現在は、泌尿器科病棟での病棟勤務がメインで、月に数回、腎センターで勤務しています。腎・泌尿器疾患に対する手術・抗がん剤・血液透析・糖尿病など、急性期から終末期まで、幅広い患者さんと向き合っています。また、在学中は国際看護に憧れていて、当時参加した青年赤十字奉仕団の活動は赤十字病院に就職したいと思ったきっかけになりました。そして今は災害看護の救護班としても活動しています。熊本の地震の際に救護班の第一班として現場に向かい、活動したことで更に災害看護を学びたいと思い、DMAT(災害派遣医療チーム)の資格も取得しました。新人看護師にも言っているのですが、最初は誰でも失敗するもの。失敗を恐れずにチャレンジすることで成長し、立派な看護師になれると思っています。今後も、学ぶ姿勢を忘れずに、経験を積むことで技術・疾患の知識向上をさらにめざしていきたいです。

ページTOPへ