穴吹医療大学校

次回のオープンキャンパス

本校について

建学の精神

理事長 穴吹カレッジグループは、
地域の学生を地域で育て高い専門性と
豊かな人間性を育み、
地域社会から信頼され、
貢献できる人材を育成します。

教育理念

職業教育を通して、地域社会に貢献する人材を養成する

教育目的

校長 中四国の地域健康福祉を支える高い志をもち、医療従事者としての確かな実践力と誠実に人と向き合う人間力を有する人材を養成する。

入学者に関する受け入れ方針

穴吹医療大学校は、本学教育理念に共鳴し、将来地域に貢献する職業人を目指して強い意欲を持って学ぼうとする志の高い皆さんを、積極的に受け入れたいと考えています。穴吹医療大学校が求めているのは、学内の授業や演習、さらに医療施設等での実習等の学習機会を積極的に活用して、自ら主体的に学び、卒業後も自ら学び続けることで地域医療のために役割を果たす医療人へと成長していこうとする意志を持った学生です。
何よりもまず大切なのは、本学の精神や教育理念への共感と、本学における学びに対する旺盛な興味や関心、そして、その学びを通じた人間的成長への強い意欲です。
そうした意味で、学内の授業で、医療人として求められる幅広い知識や技術を旺盛に学び、学外の実習においては医療現場における問題解決手法の実際や患者に誠実に向き合う確かな人間力を真剣に獲得しようとする人を穴吹医療大学校は歓迎します。

各学科教育目標

看護学科 生命の尊厳と生活者としての個人の人格尊重を基本とした倫理観を身につけ、看護の専門知識と技術を備え科学的根拠に基づいた看護実践力を有する感性豊かな看護職として、校訓「日々是前進」の精神で地域社会の保健医療福祉の発展に貢献し続ける人材を養成する。
歯科衛生学科 歯科の幅広い知識と確かな技術を培い、歯周治療における高い予防処置技術を身につけ、命の大切さとホスピタリティーの心をもった将来のチーム医療を担う歯科衛生のプロフェッショナルを養成する。
病院事務・診療情報学科 「診療情報管理士」と「病院事務」の2つの事務職をこなせる人材を養成する。そのために、診療情報管理士としては、四国で唯一である日本病院会の診療情報管理士養成認定校のカリキュラムで学ぶことを通して、人体の構造と機能から疾病の分類や情報の管理・活用、さらには診療報酬の知識を身につける。また、病院事務として、会計事務や各種保険制度の知識から設備管理や物品購入等までの業務知識までを身につけ、病院全体の事務部門を担う人材を養成する。入職後も校訓「日々是前進」の精神で変化する社会に対応して自ら学び続ける人材を養成する。
【※平成29年度入学生より専攻科に変更予定】
医療事務・ドクター秘書学科 医療と福祉の全ての施設で働けるように「医科」「歯科」「調剤」「介護」「ドクター秘書」の5つの事務をこなせる人材を養成する。そのために、日本の保険制度の全体像と各種保険制度の知識から診療報酬請求事務知識とパソコン技能、さらには患者や入所者との接遇などの現場対応力を身につける。入職後も校訓「日々是前進」の精神で変化する社会に対応して自ら学び続ける人材を養成する。
看護学科通信課程 准看護師としての看護経験を活かしつつ科学的根拠に基づいた看護実践力、一人ひとりと正面から向き合う力、及び専門職業人として自ら学び続ける態度の向上をはかり、地域の保健医療福祉の発展にいっそう貢献できる人材を養成する。
ページTOPへ